河口湖の春はサクラ、芝桜、ツツジなどが咲き誇り、花の時期に合わせてイベントも数多く開催されます。

河口湖と秋の観光旅行

河口湖と秋の観光旅行
河口湖と秋の観光旅行

春の河口湖は花でいっぱいです

豊かな自然に囲まれた美しい景観が自慢の河口湖。特に春になると色とりどりの花が咲き誇り、多くの観光客を楽しませてくれます。花の咲く時期に合わせてイベントも多く開催されます。「〜まつり」が多いのが河口湖の特徴ですが、特に春には次々と催しがあるので要チェックですね。まずは4月初旬から中旬にかけては、湖畔をピンクに染める「河口湖桜まつり」が開催されます。日本人が昔から愛した富士山と桜の両方が存分に楽しめます。桜の名所もあちこちに点在し、夜はライトアップされて幻想的です。

そして少し遅れて開花するのが、富士桜です。富士山ろくに咲く山桜の一種で、開花が4月下旬から5月上旬と遅咲きです。開花に合わせて「河口湖富士桜ミツバツツジまつり」を開催。濃い桃色が鮮やかなミツバツツジも美しく見ごろを迎えます。そしてさらに圧巻なのが「富士芝桜まつり」です。富士山をバックにした24000平方メートルの広大な敷地に、赤、白、ピンクの芝桜がじゅうたんを敷き詰めたように咲き誇る光景はみごとです。年々規模も大きくなって見応えがあります。見ごろは天候によって異なりますが、4月下旬から5月下旬までかなり長い期間楽しめるのも特徴。満開の時期にぜひ訪れてみてください。