山梨県名物「ほうとう」の人気店は河口湖周辺にも多くあります。冬になるとぜひ食べたい郷土料理ですね。

河口湖と秋の観光旅行

河口湖と秋の観光旅行
河口湖と秋の観光旅行

河口湖には名物ほうとうの人気店があります

山梨県のご当地グルメとして、誰もが知っているのが「ほうとう」ですね。昔からおなじみの大定番ともいえる料理でしょう。何しろ戦国時代から伝わるという由緒正しい郷土食。武田信玄の陣中食であったとも言われているそうです。特徴は味噌風味のコクのあるスープと、それに良く絡む太くてもちもちの平打ち麺。そして具にはやっぱりかぼちゃですね。ホクホクに煮込まれたかぼちゃのとろりとした甘味が、私は大好きです。他にもニンジンやゴボウ、シメジなどの季節の野菜がたっぷり入っていて、ボリューム満点ですよね。栄養価も高く、腹もちも良いので確かに陣中食には適していたと思います。

ほうとうは甲斐の国である甲府市が発祥ですが、河口湖の周辺にも人気店が多く集中しています。それぞれのお店ごとに、スープや具材が違い、味わいもいろいろです。最近は「冷やしほうとう」や「カレーほうとう」などの変わったメニューもあるようです。もちろんたまには趣向の違うメニューも良いですが、私はやっぱり昔ながらの味噌味が好きですね。中でも河口湖に本店があるF店のほうとうがお気に入り。メニューもシンプルに「ほうとう」のみ、というお店です。注文すると鉄の鍋に入った熱々を運んでくれます。これがかなりのボリュームで、お腹いっぱいになります。でも野菜の旨味がスープに溶け込んでいて、まろやかで本当に美味しいです。冬になるとまた訪れたくなりますね。